nicolive-logo
  • 21,856
  • 6,963
コメント

ニュースを読み解け!ニコ生シノドス7月号 特集「ソーシャルファイナンス~世界を変える新しいお金の集め方~」

公式
(1時間56分)
ニコ論壇提供:株式会社ドワンゴ
    いま注目を集めるソーシャルファイナンス
    広がる期待と炎上騒動などに見られる批判……
    新しい金融の形は世界を変えるのか


    ■番組の前半は…シノドス・ジャーナルコーナー

    司会・評論家の荻上チキ氏がこの1ヶ月で気になったニュースを解説。
    独自の切り口で、時事問題に迫ります!

    さらに、synodosが新しくスタートさせたメールマガジン「困ってるズ!」
    その取り組みを始めた背景とは?そこで描きたい社会の課題とは?
    いま、人々が「困ってること」をシェアする必要性について議論します。

    ■番組の後半は… 特集コーナー

    今月号のテーマは、「ソーシャルファイナンス」
    個人間のつながりをベースにしてお金をやりとりするしくみが注目を集めています。
    少額の融資などを行うマイクロファイナンス、個人の少額の資金を集める
    P2Pファイナンスやクラウドファンディング、あるいはリターンにとらわれず
    応援の意味を込めて資金を投じる応援ファンドなど、さまざまなしくみがあり、
    少しずつ社会に影響を与える存在になりつつあります。

    しかしこれらもいいことずくめではありません。
    ノーベル平和賞をとったグラミン銀行にもさまざまな批判はあり、
    また最近学費支援サービスで炎上騒ぎがあったりするなど、
    その他のしくみもそれぞれ課題を抱えています。

    金融・契約・情報の技術の新たな融合の可能性を研究している山口浩さんと、
    最近、「ソーシャルファイナンス革命:世界を変えるお金の集め方」(技術評論社)を
    出版された慎泰俊さんをゲストに迎え、こうした、新しいタイプのお金のやりとりの手法について、その特徴や意義を大きな視点から整理し、課題や未来像について考えます。

    <特集用出演者資料>
    山口浩さん資料

    慎秦俊さん資料

    【出演者】
    荻上チキ(司会・評論家)
    1981年生まれ。評論家・編集者。芹沢一也、飯田泰之とともに株式会社シノドスを設立。
    「シノドス・ジャーナル」「αシノドス」編集長。
    最近の著書に『ダメ情報の見分け方』(共著、生活人新書)、『セックスメディア30年史』
    (ちくま新書)、編著に『日本を変える「知」』『経済成長って何で必要なんだろう?』
    (光文社SYNODOS READINGS)など。

    山口浩(やまぐち・ひろし)
    1963年生まれ。駒澤大学グローバル・メディア・スタディーズ学部准教授。
    専門はファイナンス、経営学。コンテンツファイナンス、予測市場、仮想世界の経済等、
    金融・契約・情報の技術の新たな融合の可能性が目下の研究テーマ。
    著書に「リスクの正体!―賢いリスクとのつきあい方」(バジリコ)がある。

    慎泰俊(しん・てじゅん)
    1981年東京生まれ。 早稲田大学大学院ファイナンス研究科修了。
    モルガン・スタンレー・キャピタルを経て、現在投資ファンドに勤務している。
    2007年10月より特定非営利活動法人Living in Peaceを設立、現在は代表理事をつとめる。
    国内初のマイクロファイナンスファンドの企画と、児童養護施設のための資金調達支援と
    キャリアセッションを実施中。  



    【ハッシュタグ】
    ニコ論壇公式ハッシュタグ「#nicoron」を使用ください。

    【Twitter】
    ニコ論壇公式アカウント
    @nicorondan
    ニコニコニュース公式アカウント
    @nico_nico_news

    【ニコ論壇】
    ニコニコ動画が生み出す言論空間、ニコ論壇チャンネルページはこちら