-

  • 17,327
  • 15,938
コメント

「となりのトトロ」「火垂るの墓」ブルーレイ発売記念トークイベント “忘れものを、届けにきました。”

公式
(1時間15分)
ニコニコエンタメチャンネル提供:株式会社ドワンゴ
「となりのトトロ」「火垂るの墓」声優陣が再会!
トークイベントを生中継!


番組内容
スタジオジブリのアニメーション映画「となりのトトロ」「火垂るの墓」がブルーレイディスクで発売されるのを記念し、
7月17日に東京・青山スパイラルホールで開催されるトークイベントを生中継!
映画に出演した声優が再会し、作品の魅力を語り合います。


  
                (C) 1988 二馬力・G               (C) 野坂昭如/新潮社,1988

  「となりのトトロ」「火垂るの墓」ブルーレイディスク紹介


出演者

「となりのトトロ」より
日高のり子(サツキ)、坂本千夏(メイ)

「火垂るの墓」より
志乃原良子(節子の母)   ほか


さらに!追加ゲストも登場予定!?
さらにさらに、このオフィシャルイベントにいずみ包がちょいちょい絡む!?


作品内容

「となりのトトロ」 宮崎駿監督作品
昭和30年代初めの日本を舞台に、東京の郊外に引っ越してきた姉妹が不思議な生き物「トトロ」と交流する物語。
宮崎駿監督が企画書の中で「忘れていたもの、気づかなかったもの、なくしてしまったと思い込んでいたもの、でも、それは今もあるのだと信じて『となりのトトロ』を心底作りたい」と語り、「日本が舞台の幸せな心温まる映画」を目指した作品。
1988年度のキネマ旬報ベスト・テンにおいて日本映画ベスト・テンの第1位に選ばれるなど、映画人からの高い評価を得るとともに、あらゆる世代に愛され続けています。

「火垂るの墓」 高畑勲監督作品
原作は野坂昭如さんが1967年に発表し、直木賞を受賞した同名小説。
昭和20年の神戸を舞台に幼い兄妹が生き抜く姿は、単なる反戦映画ではなく、現代を生きる人々に通じる「人とのつながりの大切さ」を描いた“いのちのドラマ”として大きな反響を呼び、現在もなお、多くの人々の心に残る感動作として語り継がれています。
その評価は日本国内に留まらず、モスクワ児童青少年国際映画祭グランプリ、シカゴ国際児童映画祭長編アニメ映画部門最優秀賞を受賞し、日本映画の名作のひとつとして海外にも知られています。