-

  • 16,742
  • 17,715
コメント

GACKTハリウッド進出作!映画「BUNRAKU ブンラク」初日舞台挨拶を独占生中継!

公式
(1時間02分)
松竹チャンネル提供:松竹株式会社
GACKTハリウッド初進出作品「BUNRAKU ブンラク」
丸の内ピカデリーでの、GACKTの初日舞台挨拶の模様を
ニコニコ生放送で独占生中継!!

日本の古典芸能である“文楽”からインスパイアされて生み出された、
ハリウッド・アクションムービー『BUNRAKU ブンラク』
主演のジョシュ・ハートネットとコンビを組む侍・ヨシ役には
アーティスト・俳優として独特の世界観を表現し続けるGACKTが出演します。

そのGACKTが登壇する、1月14日の初日舞台挨拶の模様を、
丸の内ピカデリーより独占生中継!
GACKTのハリウッド初進出となる記念すべき作品の魅力を存分にお伝えします!

<<<放送スケジュール>>>
20:30~ 舞台挨拶スタートまでの間、映画「BUNRAKU ブンラク」の予告映像を
     お楽しみ頂きます

21:00~ GACKTさんが登壇する映画「BUNRAKU ブンラク」初日舞台挨拶の模様を
     お送りいたします。

【LINK】

映画「BUNRAKU ブンラク」オフィシャルサイト

GACKT オフィシャルサイト

シネマズ by SHOCHIKU Facebookサイト



【INTRODUCTION】
GACKTハリウッド初進出作、遂に登場!!
豪華キャスト競演による
“超革新”ビジュアル・エンターテインメント!!


BUNRAKU04

アーティストとして、そして俳優として独特の世界観を表現し続けるGACKTのハリウッド初進出作が、遂にベールを脱ぐ。

GACKTが演じるのは、実力派俳優ジョシュ・ハートネット(『シン・シティ』(05))演じる“ドリフター(流れ者)”とパートナーを組む、侍・ヨシ。他にも、ウディ・ハレルソン(『ナチュラル・ボーン・キラーズ』(94))やロン・パールマン(『ヘルボーイ』シリーズ)、デミ・ムーア(『ゴースト/ニューヨークの幻』(90))、ケヴィン・マクキッド(『トレインスポッティング』(96))といった名立たるハリウッドスターが出演している本作の中で、GACKTは準主役として、剣や槍を駆使した見事な殺陣アクションを披露し、その存在感を遺憾なく見せつけている。英語での撮影、アクションシーンはスタントを使わず自身でこなし、堂々のハリウッド進出となった。

そんな本作への出演のきっかけは、監督のガイ・モシェが、NHK大河ドラマ「風林火山」(07)での彼の上杉謙信を見たことから。監督自ら日本にオファーをしに来たほどGACKT出演を熱望した。熱い物作りの姿勢に心を打たれたGACKTは出演を快諾、そしてこの度、日本での上映が決まった。

日本の古典芸能である“文楽”からインスパイアされて生み出された本作だが、目の前で繰り広げられるのは決して“古典”ではない。まさに最先端と言えるビジュアル、スピード感と迫力に満ちたアクション、練りに練られたシナリオ。そこに和のテイストや、漫画やTVゲーム、演劇、マカロニ・ウエスタン等を思わせる演出要素を盛り込んだ、まったく新しいエンターテインメントに仕上がっている。


【STORY】
舞台は、人間が欲望の限り戦争を繰り返した末に灰から生まれた新しい世界。この世界で銃の使用は固く禁じられている。しかし、力がモノを言う、血の流れる日々に変わりはない。
ある街に、謎めいた“ドリフター(流れ者)”と、誇りと名誉を重んじる侍・ヨシがやって来る。そこは、ニコラという男を頂点とし、“キラー”と呼ばれる凄腕の9人の側近と、真っ赤なスーツを着た手下たちで構成される残虐な組織によって支配されていた。
BUNRAKU02
ドリフターはある目的のために、ひとりの男とのポーカーに挑戦するのに必要な大金を用意できる人間を探していた。一方のヨシは、かつてここで曾祖父が戦いの末に殺され奪われた、家宝である“竜の紋章”を取り戻すための情報を求めていた。一軒のバーで出会う2人。ドリフターはヨシに故郷から持ち出した金を貸すよう無理な交渉をふっかけるが、それをきっかけに拳を交えることになる。互角の勝負は決着がつかない。それを見ていた店のバーテンダーは彼らの強さに目をつける。ニコラと過去に因縁を持ち、組織に対抗できる男の出現を待ち望んでいたバーテンダーは、2人に組織を転覆させるためのチーム結成を持ちかける。しかしドリフターはその場を去って行った…。
BUNRAKU03
一方、組織の“キラーナンバー2”は、手下に手を出したヨシの処理を警察に命じ、ヨシは逮捕され投獄される。警察も組織の思いのままなのだ。バーテンダーからヨシ逮捕の報せを受けたドリフターは、彼を見事救出。ヨシの金を元手にクラブ“ロシアン・ルーレット”でポーカーに臨む。その相手は、ニコラだった。流れ者はゲームで実力を見せつけ、顔を見せず別室から参加していたニコラに「直接会って戦いたい」と決闘を申し込んだ。
BUNRAKU01
翌日、ドリフターは決闘の場に向かうが、そこにいたのはニコラではなく、3人の“キラー”とその手下たち。罠に嵌ったドリフターは窮地に陥るが、そこにヨシが駆け付け、共闘する。キラーとの戦いは熾烈を極めた。そんな中、ヨシを追っていたキラーナンバー2は、ヨシをサポートしていた叔父とその娘・モモコの元へ。叔父は殺され、モモコは組織に連れ去られてしまう。激化していく戦い。ドリフターとヨシは、モモコの救出するため、組織を壊滅させるため、ニコラや“キラー”たちとの決戦に向かう――。


【CAST】
ジョシュ・ハートネット『シン・シティ』
GACKT『MOON CHILD』
ウディ・ハレルソン『ナチュラル・ボーン・キラーズ』
ケヴィン・マクキッド『トレインスポッティング』
ロン・パールマン『ヘルボーイ』
デミ・ムーア『ゴースト/ニューヨークの幻』
菅田俊  海保エミリ

5,000枚限定!
本作のBlu-ray&DVDコンボを上映期間中上映館内にて、
劇場限定特典付きで特別先行販売!


◆「BUNRAKU」劇場限定豪華版Blu-ray&DVDコンボ(3枚組)
内容:本編Blu-ray
   本編DVD
   特典ディスク(DVD)
   特製「BUNRAKU」フォトブック

・購入には、劇場にて発券する座席指定券、もしくは入場後の半券が必要です。
詳細は、映画「BUNRAKU ブンラク」公式ホームページをご確認ください