nicolive-re-logo
  • 408,896
  • 304,999
コメント

第1回将棋電王戦 米長邦雄永世棋聖 vs ボンクラーズ

公式
(9時間47分)
【将棋】叡王戦・電王戦チャンネル提供:株式会社ドワンゴ
1月14日(土)朝9時50分から生放送開始。
「プロ棋士対コンピュータ 将棋電王戦 米長邦雄永世棋聖 vs ボンクラーズ」

『米長邦雄、棋士人生を賭けた最後の檜舞台』伝統文化「将棋」
その総本山である日本将棋連盟 最先端の技術を集めた人工知能、
ミスマッチとも言える両者の取り合わせが何を生み出すのか?

ネットでなければ伝えられない魅力をニコニコ生放送が、
紙でなければ伝えられない魅力を中央公論新社がお届けいたします。


また、ニコニコ生放送では
東京原宿・ニコニコ本社にて、対局中の「大盤解説」を行います。
是非、ご来場ください。
※入場無料

ニコニコ本社の案内図はこちら

解説は、
渡辺明竜王プロフィール)と、
矢内理絵子女流四段プロフィール)です。

■対局詳細

開催日時: 2012年 1月14日(土)10:00(予定)~終局 まで
会場: 東京・将棋会館
主催: 公益社団法人日本将棋連盟 /株式会社ドワンゴ /株式会社中央公論新社
対局者: 米長邦雄永世棋聖 対 ボンクラーズ(将棋対局ソフト)

■対局者紹介

米長邦雄 永世棋聖
公益社団法人日本将棋連盟会長(2005年~)、永世棋聖。
タイトル獲得数19期は歴代5位、昭和59年度に四冠を達成した。
49歳11ヶ月での名人位獲得は最年長記録。
2003年現役引退。通算成績1103勝800敗1持将棋。
米長邦雄の家
米長永世棋聖のブログ

ボンクラーズ(将棋対局ソフト)
伊藤英紀氏(株式会社富士通研究所)が開発した将棋対局ソフト。
日本将棋連盟が特別協力したコンピュータ将棋協会主催の
『第21回世界コンピュータ将棋選手権』の優勝ソフト。
最大の特徴は、複数台のPCをネットワークで接続して、局面探索を並列実行する点にある。
これにより、限られた持ち時間内でより深く手が読めるようになっている。
現在、将棋倶楽部24に自動運転で参戦しており、レーティングは約3300とトップ棋士並みの成績を残している。
第21回世界コンピュータ将棋選手権~決勝前夜インタビュー
第21回世界コンピュータ将棋選手権
ボンクラーズ開発者・伊藤さんのブログ


≪番組観覧者募集≫
この番組は原宿ニコニコ本社サテライトスタジオで誰でも観覧ができます。
※入場無料 ニコニコ本社の案内図はこちら

■番組観覧の注意事項(必ずお読みください)
・番組開始30分前、9時20分より前に会場付近にお並びになると、
 近隣のお住まいの方のご迷惑になるので絶対におやめください。
・入場は無料です。当日は公共交通機関でお越しください。
 (交通費はご本人の負担になります)
・生放送中に観覧いただいている様子が放送される場合があります。
・観覧席での写真、映像の撮影は固く禁じます。

<関連サイト>
■電王戦 特設サイト
米長邦雄永世棋聖 vs ボンクラーズ 将棋電王戦
http://ch.nicovideo.jp/channel/denousen

■告知PV
プロ棋士 対 コンピュータ 将棋電王戦 告知PV
http://www.nicovideo.jp/watch/1326183295

■将棋連盟モバイル
http://www.shogi.or.jp/mobile/index.html
中央公論記事「私は永世棋聖として必ず立って戦います
「中央公論」2012年2月号掲載

途中経過
先手:ボンクラーズ 後手:米長邦雄永世棋聖

先手   後手

76歩  62玉
68飛  42銀
38銀  54歩
48玉  53銀
39玉  64歩
66歩  72銀
65歩  同歩
58金左 63銀
65飛  64歩
25飛  32金
75歩  84歩
26飛  72金
96歩  83金
68銀  74歩
同歩   同金
67銀  75歩
76歩  同歩
同飛   75歩
79飛  72飛
16歩  65歩
95歩  64銀左
28玉  85歩
76歩  同歩
同飛   75歩
36飛  82飛
66歩  同歩
同飛   65歩
96飛 73桂
15歩  72玉
76歩  同歩
同飛   75歩
46飛  83玉
76歩  同歩
同飛   75歩
78飛  42金
56歩  53金
66歩  同歩
同角   65歩

ここまでボンクラーズ74分、米長永世棋聖101分消費

最新の局面は番組でごらんください。

将棋電王戦の対局につきましては、下記のルールに則って対局を行います。
なお、1月14日の対局を「第1回将棋電王戦」と表記し、第2回以降もこのルールに則って対局を行います。

2012年1月14日(土)10時開始。対局場所は東京・将棋会館「特別対局室」。

持ち時間は各3時間で、60秒未満の考慮は切り捨てで0分とする(例えば3分59秒の考慮時間は3分と記録。
2時間59分を使った後は以後60秒未満で着手する)。

昼食休憩時間は13時~14時の1時間とする。その間で「ボンクラーズ」は電源を落とさなくても良い事とする。

「ボンクラーズ」の着手は代理の人間が対局する盤に着手して対局相手に伝達する。

消費時間の確認は「ボンクラーズ」はコンピュータ上での計測、米長永世棋聖は記録係の計測とする。

「ボンクラーズ」のセッティングに関してはすべて制限しない。
ただし将棋会館4階の許容消費電力量として2800Wまでの消費電力を認める。
2800Wを超える場合は遠隔操作の設定を施してオーバーしないようにする。

「ボンクラーズ」が動作不能となった場合、コンピュータ側は人の操作によって動作を回復することが許される。
ただしその作業の間はコンピュータ側の持ち時間で行うものとする。

手の入力及び上記の作業以外は、対戦時にコンピュータを操作してはならない。

何らかのトラブルが発生した際に「ボンクラーズに起因するものでない場合」に関しては、
考慮中の時計を止めて復旧に努めることとする。

不測の事態が起きた場合には、対局者は立会人の裁定に従う。


「第2回将棋電王戦」は平成24年中に行う予定です。
次回の対局者(プロ棋士とコンピュータソフト)は5月に行われる『第22回世界コンピュータ将棋選手権』の結果を見て、実行委員会が決定する。