-

  • 1,723
  • 131
コメント

【桜井誠参加】 日本乗っ取り計画進行中の生駒市長 山下真さんにお伺い 【奈良支部】

(1時間29分)
M.Sakurai
【説明】生駒市は住民投票条例(市民投票条例)を成立させる案に対し、全国から実質的な外国人参政権と多くの抗議を受けているにも係らず無視する形で進行させようとしている。目的は外国人の選挙権を与えるためである。ちゃんと下準備として先に住民自治条例を成立させて住民の定義として外国人も含むとなっており、それを根拠に外国人に選挙権を与えるのは当然であると言い訳が出来るようにしてある。この住民自治条例は自治体の最高規範とある。つまり日本国憲法や法律の上にあるかのごとくの表現をとっている。次に諮問委員会としていわゆる左翼思想の学識経験者や在日の意見を聞く形をとるが結論ありきの出来レース。パブリックコメントを市民に求めたというがほとんどの市民はそれがあった事さえしらない。投票資格が住民の理解を得られている訳もなく、違憲性すら濃厚に疑われる。請求要件と成立要件も全く不十分であるとしか言えない。更に昨今言われている地方分権や地方主権と合わされがまるで日本から独立した形をとり、次は独立しあった自治体同士が手を繋ぐ。そして左翼や在日の思い通りの政治になってしまう。まるでロシア革命そのものではないか! 全くアカ共の常套手段といえるやり口である。それをやろうとしているのが彼らコミュンテルンの生き残り達の最終目標である。東西冷戦が終わり東西の壁もなくなりコミュンテルンも消えたと思いきや何と彼らは自治労や各自治体内に潜み生き続けていたのだ。日本乗っ取り計画のお先棒を担ぐ生駒市 山下市長にお伺いしようではないか! 我々、日本国民もそれに気づき阻止に声を上げなければ日本が日本でなくなる日は近い!
contents-tree-icon-originalコンテンツツリーを見る