nicolive-logo
  • 391
  • 31
コメント

柳瀬博一 「『国道16号線』から日本を考える」

CH
有料
(1時間53分)
PLANETSチャンネル提供:株式会社PLANETS
首都圏をぐるりと巡る、全長326キロの環状道路・国道16号線。
この道がつなぐエリアは、3万年前から現代にいたるまで、
日本の歴史に大きな役割を果たしてきました。
各地に残る縄文・弥生・古墳時代の文化の痕跡に始まり、
頼朝が武家政権樹立の礎とした鎌倉、江戸開拓に至るまで道灌や後北条氏、
家康らが押さえた重要拠点の数々、明治期の富国強兵・殖産興業を支えた横浜・横須賀の港湾、
そして戦後の米軍進駐を経て郊外カルチャーの発信地になった福生……。
これらの発展の舞台は、なぜ奈良でも京都でも東京東京でもなく、
馬蹄形をした「エリア16」だったのでしょうか?
新著『国道16号線 「日本」を創った道』で、
「道」と「地形」の視点からその謎をひもといた柳瀬博一さんに、お話をうかがいます。

▼出演
柳瀬博一(東京工業大学 リベラルアーツ研究教育院 教授(メディア論))
宇野常寛(評論家・PLANETS編集長)

▼日時
2020年12月8日(火)19:30~
収録場所:SAAI( http://yurakucho-saai.com/

ハッシュタグは #遅いインターネット会議

※ニコ生延長時の配信トラブルを避けるため、予定より長時間の放送枠を設定しております。
contents-tree-icon-originalコンテンツツリーを見る