nicolive-logo
  • 256
  • 0
コメント

【2017/10/6収録】五十嵐太郎×さやわか×大澤聡+東浩紀「メディア/都市/コンテンツ——『1990年代論』から考える」 @taroigarashi @someru @sat_osawa

CH
有料
(4時間06分)
ゲンロン完全中継チャンネル提供:合同会社ゲンロンカフェ
↓ 番組チケットのご購入はこちらのリンクから!
https://ch.nicovideo.jp/genron-cafe/live/lv328558596
※ 再放送は都度課金500円でご購入いただけます。

☆ ニコニコ生放送のタイムシフト対応!
※ 放送終了から1週間後の23時59分までの間、番組をくり返しご覧いただけます。




1990年代とはどんな時代だったのか?
批評家・大澤聡が編者となり、この8月に刊行された『1990年代論』。
当時青春時代を過ごした70年代・80年代生まれの世代の論者が、社会と文化の諸相を20のテーマから論じた、あたかも90年代百科事典のような本である。

90年代は日本の社会と文化にとって、どんな時代だったのか。それはどのような転機をもたらしたのか。
エヴァンゲリオン論や新興宗教建築論など、90年代文化にも多くの著作のある建築批評家の五十嵐太郎(1967年生まれ)、文化をオールラウンドに論じる批評家のさやわか(1974年生まれ)、そして『ゲンロン』の「現代日本の批評」シリーズでも大活躍の大澤聡(1978年生まれ)が、90年代を語り尽くす!
(概要全文は以下リンク先からご覧いただけます)


メディア/都市/コンテンツ – ゲンロンカフェ
https://genron-cafe.jp/event/20171006/
contents-tree-icon-originalコンテンツツリーを見る