nicolive-logo
  • 1,035
  • 43
コメント

【生放送】飯間浩明×山本貴光×吉川浩満「ひとをつなぐ辞典、ひとがつむぐ言葉――映画『博士と狂人』公開記念」 @IIMA_Hiroaki @yakumoizuru @clnmn #ゲンロン201014

CH
有料
(2時間30分)
ゲンロン完全中継チャンネル提供:合同会社ゲンロンカフェ
↓ 番組チケット(1000円)のご購入はこちら!
https://ch.nicovideo.jp/genron-cafe/live/lv328460449

☆ ニコニコ生放送のタイムシフト対応!
※ 放送終了から1週間後の23時59分までの間、番組をくり返しご覧いただけます。



番組では、下記の投稿フォームから質問を募集中!
https://forms.gle/eRAzTDpu7FimkNRU6



「オックスフォード英語大辞典」(通称OED)は、世界最大の英語辞典だ。1928年の初版刊行まで70年以上を費やしたOEDが目指したのは、歴史上のあらゆる英語文献からできる限りの用例を引き、すべての言葉を収録することだった。編纂計画の中心にいた「異端の学者」マレーはイギリス中に協力者を募ったが、無謀ともいえる挑戦は困難を極めた。しかし、あるとき大量の用例集が届き、計画は大きく前進。送ってきた協力者は、精神病院にいた「殺人者」マイナーだった――

この驚くべき実話を描き、ベストセラーとなったサイモン・ウィンチェスター『博士と狂人』が映画化され、10月16日より全国公開される。同作の映画化に20年以上を費やし主演を務めるメル・ギブソンと、アカデミー賞受賞俳優ショーン・ペンの初共演も話題だ。

ゲンロンカフェでは、同映画の公開を記念して、辞書編纂者の飯間浩明氏、文筆家の山本貴光氏と吉川浩満氏を迎えたトーク番組を生配信する。
『三省堂国語辞典』の編集委員である飯間氏は、ゲンロンカフェ初登壇。メディア出演や著書も多く、辞典作りの面白さを伝える第一人者として知られている。博覧強記で知られる山本・吉川両氏とともに、『博士と狂人』の原作と映画の魅力から、辞典とはなにかについて、言葉を考えることについて、たっぷりとお話しいただく予定だ。

共催:ポニーキャニオン

※ 放送のみ(会場は無観客)のイベントです。

https://genron-cafe.jp/event/20201014/
contents-tree-icon-originalコンテンツツリーを見る