nicolive-re-logo
  • 329
  • 9
コメント

【2016/11/10収録】勝川俊雄×東浩紀「日本が漁業後進国になった理由」 @katukawa @hazuma

CH
有料
(3時間22分)
ゲンロン完全中継チャンネル提供:合同会社ゲンロンカフェ
↓ 番組チケットのご購入はこちらのリンクから!
https://ch.nicovideo.jp/genron-cafe/live/lv327991730
※ 再放送は都度課金500円でご購入いただけます。

☆ ニコニコ生放送のタイムシフト対応!
※ 放送終了から1週間後の23時59分までの間、番組をくり返しご覧いただけます。




【収録時のイベント概要】

日本は世界の漁業の常識から取り残された漁業後進国であり、いま起こっているのは「日本人の魚離れ」ではなく、「魚の日本離れ」である……。 このような衝撃的な事実を統計情報を元に明らかにしつつ、具体的な対応策を記した話題の本が、勝川俊雄『魚が食べられなくなる日』(小学館新書)だ。

たとえば日本では、漁獲量の減少を「中国が魚を大量に漁獲するようになったから」だと報道する。しかし実際には、中国は養殖の産業化に成功し、いまや世界一の輸出超過国になっている。日本で漁獲量が減少しているのは、有効な漁獲量規制の枠組みを設定できないまま、無策が続いている漁業行政が原因にほかならない。

日本の漁業に関しては、誤った常識が多々流布している。
たとえば稚魚の放流について。日本では大量の稚魚を放流して海洋資源の回復に努めようとしているが、これは統計的に見てごく効果が薄く、経費すら回収できていない。海洋資源の保全に必要な施策についてはすでに各国で研究が進んでいるが、そのような科学的な成果には目をつぶったまま、日本の漁業は先進化できずにいるのだ。

これからもおいしい魚を食べ続けるために、いますべきことはなんなのか。
個別漁獲枠制の導入、漁獲量の正確な記録、水産庁と科学機関の分離独立など..(以下のリンク先より全文をご覧いただけます。)


日本が漁業後進国になった理由 – ゲンロンカフェ
https://genron-cafe.jp/event/20161110/
contents-tree-icon-originalコンテンツツリーを見る