nicolive-re-logo
  • 912
  • 2
コメント

【『新対話篇』好評発売中!】五木寛之×東浩紀 司会=沼野充義「デラシネの倫理と観光客の哲学ーー『デラシネの時代』(角川新書)刊行記念イベント」(2018/4/20収録) @MitsuNumano

CH
有料
(3時間33分)
ゲンロン完全中継チャンネル提供:合同会社ゲンロンカフェ
↓ 番組チケットのご購入はこちらのリンクから!
https://ch.nicovideo.jp/genron-cafe/live/lv325649782
※ 再放送は都度課金500円でご購入いただけます。

☆ ニコニコ生放送のタイムシフト対応!
※ 放送終了から1週間後の23時59分までの間、番組をくり返しご覧いただけます。



【『新対話篇』『哲学の誤配』新刊2冊セット】https://genron.co.jp/shop/products/detail/274


【収録時のイベント概要】
「デラシネ」とは、フランス語で「根なし草」を意味する言葉。
そこから転じて、故郷や祖国から切り離され、社会を漂よう流れ者のことを指すようになった。

否定的なイメージのあるこの言葉を、むしろいまこそ積極的に引き受け、デラシネとしてどう生きるかを考えるべきではないかーー。
五木寛之は新著『デラシネの時代』でそう主張している。

グローバル化が急速に進む一方で、各国で排外主義が勃興する現代。
つぎつぎと常識が変わっていくなかで、なにか「確固たるもの」にしがみつくことはもはやできない。 その意味で現代人はみな、デラシネなのではないか?

五木のいう「デラシネ」は、東浩紀のいう「観光客」と重なり合う。
「村人」でも「旅人」でもなく、特定の共同体に属しつつ、ときおり別の共同体を訪れるようなあり方をするのが「観光客」であり、そこに新しい主体のありかたを見出したのが『ゲンロン0 観光客の哲学』だった。(全文は以下のページよりご覧いただけます)


デラシネの倫理と観光客の哲学 – ゲンロンカフェ
https://genron-cafe.jp/event/20180420/
contents-tree-icon-originalコンテンツツリーを見る