-

  • 0
  • 3
コメント

【小松さん初登壇回!】小松理虔×東浩紀「浜通りから考える新しい公共性——原町無線塔展クロージングトーク」【福島はいま #2】(2014/8/9収録)@riken_komatsu

CH
有料
(3時間02分)
ゲンロン完全中継チャンネル提供:合同会社ゲンロンカフェ
↓ 番組チケットのご購入はこちらのリンクから!
https://ch.nicovideo.jp/genron-cafe/live/lv324408092
※ 再放送は都度課金500円でご購入いただけます。

☆ ニコニコ生放送のタイムシフト対応!
※ 放送終了から1週間後の23時59分までの間、番組をくり返しご覧いただけます。




【収録時のイベント概要】

今回ゲンロンカフェにお呼びする小松理虔は、福島復興の最先端を行く重要人物だ。

小松は現在、福島のかまぼこ屋「貴千」で働く傍ら、いわき市で仲間とともにオルタナティブスペースUDOK.を運営している。共同出資による小さなカルチャースペースだ。
小松は、ゲンロン観光地化メルマガに連載されている「浜通り通信」で、このudok.を始め、あまり全国には知られていない、しかし浜通り地域で脈々と培われている「スクウォッティング」的な場作りを紹介している。
福島県の浜通り地域には、面白くてエッジの利いた活動・場所がこんなにもたくさんあるのだと感嘆させられる。

例えば世界的アーティスト蔡國強による「いわき回廊美術館」。建築物ともオブジェとも遊具ともつかない奇妙な回廊が延び、いわきの自然との新たな調和をなしている。このような場所を観光客が訪れることで、場は公認され、公共性を得ていく。こうした考え方は、ゲンロンで進めている福島第一原発観光地化計画や、ゲンロンカフェで紹介した高山明の観光演劇とも近い。

エネルギーにしても食にしても、福島は東京にモノを供給する、いわばバックヤードの役割を果たしてきた。こうした状況を積極的に逆利用してコンテンツを作り、浜通り発の文化として世界にぶつけていく、そんな逆転の発想を小松は抱いている...(以下のリンク先より全文をご覧いただけます。)

「浜通りから考える新しい公共性 」– ゲンロンカフェ
https://genron-cafe.jp/event/20140809b/
contents-tree-icon-originalコンテンツツリーを見る