-

  • 390
  • 920
コメント

【絶体絶命都市2】ゲームの世界くらい人の役に立ちたい。【初見プレイ】

(5時間56分)
街が崩壊しても人に手を差しのべれる人間に私はなりたい。
  ❖あらすじ


首都島の壊滅(前作)から5年後。失われた第3首都の座は空席のまま、都市開発の波は激しさを増し、Z県の地方都市、富坂市にまで及んでいた。富坂市を急速に発展させ変えたのが、地下空間を有効活用する地下都市計画「ジオフロンティア計画」である。そして2010年12月、ジオフロンティア計画の第一期工事が完了する。しかし、都市開発で活気づく富坂市は突如、未曾有の水害の脅威にさらされることとなる。
作品情報
絶体絶命都市2 -凍てついた記憶たち-
ジャンル サバイバル・アクションアドベンチャー
対応機種 PlayStation 2[PS2]
ゲームアーカイブス[GA](PS3のみ)
開発元 アイレムソフトウェアエンジニアリング
発売元 [PS2]アイレムソフトウェアエンジニアリング
[GA]グランゼーラ
人数 1人
メディア [PS2]DVD-ROM1枚
発売日 通常版:2006年3月30日
愛コレ!:2008年2月7日
PS2ゲームアーカイブス:
2015年2月18日
対象年齢 CERO:C(15才以上対象)
現在朝方9時ごろからの配信をメインにやっています。
コミュニティ→co3682320
contents-tree-icon-originalコンテンツツリーを見る