-

  • 500
  • 72
コメント

低酸素に対する応答反応と、その病気の治療への応用【科学ライブショー「ユニバース」ノーベル生理学・医学賞 特別番組】

チャンネル
(1時間05分)
NVS宇宙科学チャンネル提供:ネコビデオ ビジュアル ソリューションズ
南嶋 洋司 先生(群馬大学 医学系研究科・教授)

酸素がないと生きていけない我々の身体の細胞は、どのようにして酸素濃度の低下を感知しているのか?また、酸素濃度が低下した環境にどのように適応しているのか?2019年のノーベル医学生理学賞は、低酸素応答のメカニズムを明らかにしたことに対して、ウィリアム・ケィリン、ピーター・ラトクリフ、そしてグレッグ・セメンザの三氏へ贈られることになりました。
彼らはどのようにして低酸素応答のメカニズムを解明してきたのか?それが医学へどのように応用されるのか?あらかじめゴールが設定された研究ではなく、研究者が各々の好奇心を追い続けた結果の大発見。いかに基礎研究が重要であるかに焦点を当てながらご紹介します。

公式サイト:https://universe.chimons.org/jsf/
contents-tree-icon-originalコンテンツツリーを見る