-

  • 1,091
  • 603
コメント

2021年以後のニッポンを考える 猪瀬直樹×落合陽一

CH
(2時間03分)
猪瀬直樹TV提供:office inose
一般財団法人・日本文明研究所は、2018年12月5日(水)に、メディアアーティスト、筑波大学准教授・学長補佐の落合陽一氏を登壇者にお迎えし、一般財団法人・日本文明研究所所長、作家、大阪府市特別顧問・猪瀬直樹のシンポジウムを開催致します。


■シンポジウムテーマ
<特別講演・パネルディスカッション>2021年以後のニッポンを考える
――2020年までは東京オリンピック・パラリンピックが目標としてあるが問題はその先だ。平成後の新時代のビジョンを語ろう。


■シンポジウム登壇者
・落合陽一(メディアアーティスト、筑波大学准教授・学長補佐)


一般財団法人・日本文明研究所とは
日本のアイデンティティを追求すべく、
主に「思想・哲学・倫理領域」「経済経営領域」「工芸・技術領域」「医療領域」「総合領域」の
5領域に関する日本文明への研究を深め、
日本及び世界の未来の平和と継続的発展へ貢献することを目的とする研究所です。
研究所長:猪瀬直樹(作家)
contents-tree-icon-originalコンテンツツリーを見る