nicolive-re-logo
  • 8,791
  • 25
コメント

映画『MIFUNE:THE LAST SAMURAI』/初日舞台挨拶 EXILE AKIRA 登壇

公式
(2時間05分)
ニコニコエンタメチャンネル提供:株式会社ドワンゴ
5月12日(土)に有楽町スバル座で行われた映画『MIFUNE: THE LAST SAMURAI』の初日舞台挨拶の模様や、5月6日(日)に行われたスペシャル対談の模様を録画映像にてお送り致します。

三船敏郎


初日舞台挨拶登壇者
AKIRA
香川京子
司葉子
三船史郎
水道橋博士
※敬称略
※登壇者は予告なく変更になる可能性がございます。



放送スケジュール
20:30〜 初日舞台挨拶【録画映像】
21:00〜 スティーヴン・オカザキ監督 & AKIRA(ナレーター) スペシャルインタビュー20分【録画映像】
21:20〜 町山智浩 & 春日太一 トークイベント【録画映像】
※スケジュールは変更になる場合がございます。


関連番組


映画『MIFUNE: THE LAST SAMURAI』について
三船敏郎(1920-1997年)が、日本映画の黄金時代を創り出した偉大な俳優であることに異論を唱える者はいない。生涯に出演したのは約170作品。映画「用心棒」(1961年)、「赤ひげ」(1965年)では、ベネチア映画祭主演男優賞を受賞。これらの代表作は、黒澤明監督との出会いから生まれ、世界中の人々の心を掴んだ。

アメリカでジョン・フォード監督が俳優ジョン・ウェインと共に、荒野に生きる男たちの心情を情感豊かに表現することで、西部劇映画の質を高めたのと似ている。黒澤明監督と三船敏郎は、権力や社会に内在する抑圧に立ち向かう”個の立場”からスケールの大きな物語を紡ぎ、日本のチャンバラ映画を全く違うものに作り変えた。

本作では、黒澤明監督の「羅生門」(1950年)、「七人の侍」(1954年)「蜘蛛巣城」(1957年)』、「用心棒」(1961年)、「赤ひげ」(1965年)、稲垣浩監督の「宮本武蔵」など、全盛期の三船敏郎が出演した重要な作品に焦点を当て、記録映像や家族、俳優仲間、スタッフ、監督、映画評論家などのインタビューをもとに、”サムライ映画の進化”を加速させた三船の役割、そして彼の人生をドキュメンタリーとして描く。

監督は、日系三世のスティーヴン・オカザキ。アカデミー賞候補4回。1991年には、ドキュメンタリー「収容所の長い日々/日系人と結婚した白人女性」でアカデミー賞短編ドキュメンタリー映画賞を受賞。2008年、HBOテレビで放映されたドキュメンタリー「ヒロシマナガサキ」ではエミー賞を受賞した。プロデューサーは、2008年に「おくりびと」(滝田洋二郎監督)でアカデミー賞外国語映画賞を受賞した中沢敏明。また、三船敏郎の孫、三船力也もコンサルティング・プロデューサーとして製作に携わっている。

公式サイト: http://mifune-samurai.com/


初めてニコニコ生放送をご利用になる方へ
ニコニコ生放送のご視聴には会員登録(無料)が必要になります。
初めての方は「アカウント新規登録」をクリックし、会員登録の手続きをお願い致します。

本放送はプレミアム高画質でお送りします。プレミアム会員になると
回線混雑時に優先視聴高画質映像でお楽しみいただけるようになります。
この機会にぜひ、プレミアム会員(有料)への登録もお試しください。


ニコニコ生放送の詳細な説明は以下の「ニコニコ生放送とは」をご覧下さい。
http://live.nicovideo.jp/s/niconamaguide

さらにご不明な点がある際には、
以下ヘルプページの「よくある質問」などをご参照下さい。
http://faq.nicovideo.jp/EokpControl?&event=TE0008