-

  • 112
  • 287
コメント

安倍政権vs小池・希望の党はホント?(10月2日号)

CH
(1時間15分)
佐藤尊徳の俺にも言わせろ!提供:株式会社損得舎
10月10日告示、10月22日投開票の衆議院議員総選挙。安倍首相自らが“国難突破解散”と銘打った解散総選挙は、近年になく波乱含みです。

小池都知事率いる新党・希望の党、それに吸収されるように参議院議員を残しながらも事実上、解党を選択した民進党。共産党などと“安倍おろし”を共通目的に道を探ってきた野党共闘は、完全にリセットされてしまいました。

おそらく最も大きな争点となるのは「改憲」の是非。安倍政権を引きずりおろそうという野党でありながら「保守」「改憲」という政策面で共通する希望の党は、どんな選択に出るのか。一瞬で風向きが変わる今回の選挙の行方をテーマに、「政経電論」編集長の佐藤尊徳が語ります。

◇番組概要
ウェブメディア「政経電論」の尊徳編集長が編集員とニュースについてしゃべります。

――電子雑誌「政経電論」編集長:佐藤尊德(さとうそんとく)
1967年11月26日生まれ。神奈川県出身。明治大学商学部卒。1991年経済界入社。創業者・佐藤正忠氏の随行秘書を務め、人脈の作り方を学びネットワークを広げる。雑誌『経済界』の編集長も務める。2013年、22年間勤めた経済界を退職し、株式会社損得舎を設立、電子雑誌『政経電論』を立ち上げる。
趣味はスキー(コブ)と競馬と野球観戦。
https://seikeidenron.jp/sontokublog/
contents-tree-icon-originalコンテンツツリーを見る