nicolive-logo
  • 12,919
  • 41,325
コメント

結論!若者は年金をもらえるの? 『鈴木亘×ひろゆき』

公式
(1時間30分)
ニコニコエンタメチャンネル提供:株式会社ドワンゴ
年金は破綻するのか!?
あなたの年金額を教えます!


ひろゆきがホストをつとめ、経済や社会問題、恋愛から「ひきこもり」まで、
硬軟さまざまな問題を語り合う「ニコ生トークセッション」。[more]
今回のテーマは、年金。ゲストは、『年金は本当にもらえるのか?
(ちくま新書)の著者、学習院大学経済学部教授の鈴木亘(すずき・わたる)先生です。

とにかく難しいイメージがある年金。未納、未加入、
給付カットと将来の不安は尽きることがありません。
それでも、厚生労働省は「年金は破綻しない」と強弁します。
本当にどうなっているのでしょうか。
「若者は年金をもらえない」との噂は本当なのでしょうか。
番組では、年金問題の「基本」、「誤解」、「改革」について
鈴木先生が丁寧にレクチャー。「未納が増えれば年金は破綻する?」
「若者は老人たちに食い物にされている?」「厚生労働省は信じていいの?」……等々、
さまざまな疑問に答えます。

老後にホームレスにならないために、是非ともご覧ください。

【Twitterをご利用の方へ】
ニコ生トークセッションの共通ハッシュタグ、
#niconama_talk をご利用ください。

鈴木亘(すずき・わたる)
1970年生まれ。上智大学経済学部卒業後、日本銀行入行。
1998年に退職後、1999年大阪大学大学院経済学研究科博士前期課程修了、
2000年同後期課程単位取得退学(2001年、経済学博士号取得)。
大阪大学社会経済研究所助手、(社)日本経済研究センター副主任研究員、
東京学芸大学准教授などを経て、現在、学習院大学経済学部教授。
専門は社会保障論、医療経済学、福祉経済学。
主な著書に『だまされないための年金・医療・介護入門』(東洋経済新報社、
2009年、第9回・日経BP・BizTech図書賞)、『生活保護の経済分析』
(東京大学出版会、2008年、第51回・日経・経済図書文化賞)などがある。