-

  • 997
  • 516
コメント

【生放送】大澤聡×山本貴光「ほんとうの本の読みかた——『百学連環』から知を再編成する」 @sat_osawa @yakumoizuru

CH
有料
(4時間01分)
ゲンロン完全中継チャンネル提供:合同会社ゲンロンカフェ
いまから約150年前に、西周(にしあまね)が私塾で行った講義の記録「百学連環」。そこでは、「百学」がいかに「連環」しあっているかを示す学術マップが描かれていた。山本貴光は、新著『「百学連環」を読む』(http://amzn.to/2d9x59w)で、明治の啓蒙知識人によるマップを丁寧に読み解き、現代のわたしたちのガイドとなる新しい地図を描いている。今回のイベントでは、「百学連環」を出発点に、山本貴光と批評家の大澤聡が現代の知のありかたを再考する。情報時代のわれわれはどのように思想を紡いでいくことができるか。博識で知られる二人は実際にどのように本を選び、読み、情報を整理しているのか。構造から実践まで、知へのアクセスを徹底的に語るイベント。



このイベントのねらいは2本立てで構成されます。あくまで私(大澤)個人の頭のなかでのイメージですが。ひとつは、人文的な知の枠組をどのように再編成していけばよいのか、この壮大な問いに暫定的な解答を与えること。これはやや抽象度や専門性が高いかもしれません。うってかわって、もうひとつの方は、具体的でテクニカルなものです。「読む」とはいかなる営為なのか、サンプルとして登壇者のいわば舞台裏を開示し、それを方法化(ハウツー化)すること。この硬軟2つのミッションはじつは相互に密接に連関しています。その詳細は対話のなかでしだいに明らかになるはずです。


……

全文は以下のリンクからご覧ください。

ほんとうの本の読みかた | ゲンロンカフェ
http://genron-cafe.jp/event/20161028/


※イベントが続いている場合でも、生放送は24:00で終了します。ご了承ください。
contents-tree-icon-originalコンテンツツリーを見る