-

  • 1,226
  • 718
コメント

根津孝太×宇野常寛「プロダクトデザインはいかに更新されるべきか」―― 〈HANGOUT PLUS〉vol.004

CH
有料
(1時間43分)
PLANETSチャンネル提供:株式会社PLANETS
評論家の宇野常寛がナビゲーターとなり、政治からサブカルチャーまであらゆる角度から「いま」を切る取るトーク番組です。番組名の「HANGOUT PLUS」は宇野が16年秋まで担当していたラジオ番組「J-WAVE THE HANGOUT」に続くものという意味を込めました。毎回視聴者の観覧も募集しています。

自動車から弁当箱まで、そして夢の電動バイクから超小型モビリティまでーー現代日本を代表するプロダクトデザイナー・根津孝太。トヨタの社内デザイナーから出発し、その活動をデザイナーの領域を超えて拡大してきた彼はいま自身の仕事をクリエイティブ・コミュニケーターと定義している。根津の考える情報社会下における「モノのデザイン」の果たすべき役割とは。

Twitterのハッシュタグは「#hang813」のまま。 月曜の夜は「深夜のたまり場」で語り明かしましょう。

▼スケジュール
10/24(月)22:00

▼ゲストプロフィール
根津 孝太
1969年東京生まれ。トヨタ自動車を経てznug design設立。多くの工業製品のコンセプト企画とデザインを手がけ、代表作は、「町工場から世界へ」を掲げた電動バイク『zecOO』、やわらかい布製超小型モビリティ『rimOnO』、トヨタ自動車コンセプトカー『Camatte』、タミヤミニ四駆『Astralster』『RAIKIRI』など。2014年よりグッドデザイン賞審査委員。

▼メッセージフォームはこちら
普通のおたより、相談ごと、ゲストへのメッセージなど、どしどしお寄せください! http://goo.gl/4rvpVV

▼スタジオでの観覧(チャンネル会員限定・抽選制)申込はこちら
http://goo.gl/7UyRgf

※この番組は有料放送です。全編のご視聴にはPLANETSチャンネル(平日毎朝メルマガが届く・月額864円・多くの方は初月無料)への入会をお願いします。
contents-tree-icon-originalコンテンツツリーを見る