nicolive-re-logo
  • 40,073
  • 123,238
コメント

マイケル・サンデル特別講義 これからの「正義」の話をしよう

公式
(2時間09分)
ニコニコエンタメチャンネル提供:株式会社ドワンゴ
    ハーバード大学教授で『これからの「正義」の話をしよう』(早川書房刊)の著者、
    マイケル・サンデル氏の特別講義
    『第15回ハヤカワ国際フォーラム with アカデミーヒルズ
    「マイケル・サンデル教授特別講義・日本版」』の模様を、
    8月27日(金)19時よりニコニコ生放送で独占中継いたします!

    英語版放送はこちら⇒lv25160641


    サンデル教授は、私たちが日々直面する難問において、
    「君ならどうするか?何が正しい行いか?その理由は?」
    と投げかけ、活発な議論を引き出し、その判断の倫理的正当性を問います。

    ソクラテス方式(教授と学生との対話で進められる授業形式)による教育の、
    最高の実例と言われるサンデル教授の特別講義を
    ニコニコ生放送で一緒に体感しましょう!

    20100819203953
    ■マイケル・サンデル
    Michael J. Sandel
    1953年生まれ。ハーバード大学教授。ブランダイス大学を卒業後、
    オックスフォード大学にて博士号取得。専門は政治哲学。
    2002年から2005年にかけて大統領生命倫理評議会委員。
    1980年代のリベラル=コミュニタリアン論争で脚光を浴びて以来、
    コミュニタリアニズムの代表的論者として知られる。
    主要著作に『リベラリズムと正義の限界』、『民主政の不満』、
    『Public Philosophy』など。類まれなる講義の名手としても著名で、
    中でもハーバード大学の学部科目「Justice(正義)」は、
    延べ14,000人を超す履修者数を記録。
    あまりの人気ぶりに、同大は建学以来初めて講義を
    一般公開することを決定、その模様はPBSで放送された。
    この番組は日本では2010年、NHK教育テレビで「ハーバード白熱教室」
    (全12回)として放送されている。