-

  • 1,309
  • 1,201
コメント

渡邉格×水野和夫「資本主義の終わりと、その先の社会を豊かに生きるため」

CH
(2時間)
ゲキbiz田原チャンネル提供:株式会社講談社
水野和夫(みずの・かずお)1953年生まれ。日本大学国際関係学部教授。早稲田大学大学院経済学研究科修士課程、埼玉大学大学院経済科学研究科博士課程修了。三菱UFJモルガン・スタンレー証券チーフエコノミストを経て、内閣府大臣官房審議官、内閣官房内閣審議官を歴任。主な著書に『人々はなぜグローバル経済の本質を見誤るのか』(日本経済新聞出版社)、『資本主義という謎』(大澤真幸氏との共著、NHK新書)、『資本主義の終焉と歴史の危機』(集英社新書)などがある。渡邉格(わたなべ・いたる)1971年生まれ。「パン屋タルマーリー」店主。千葉大学園芸学部園芸経済学科卒業。「有機農業と地域通貨」をテーマに卒論を書く。31歳のときパン屋になることを決意し、約5年に及ぶ修業を経て2008年2月に千葉県いすみ市で開業。2011年3月11日の東日本大震災と福島第一原発事故を機に、岡山県真庭市勝山に移住し、12年2月に再オープン。現在は、さらなる事業展開のために14年10月末で一時休業し、準備に取り組む。著書に『田舎のパン屋が見つけた「腐る経済』(講談社)がある。パン屋とエコノミストの異色対談 資本主義の終わりと、その先の社会を豊かに生きるために 田舎のパン屋が見つけた「腐る経済」』渡邉格さん ・『資本主義の終焉と歴史の危機』水野和夫さん対談企画
contents-tree-icon-originalコンテンツツリーを見る