-

  • 629
  • 884
コメント

韓国の「反日教育」は本当か(中・高校編)  吉方べき×安田浩一

CH
(1時間43分)
のりこえねっとTV提供:「のりこえねっと」 -ヘイトスピーチとレイシズムを乗り越える 国際ネットワーク-
日本で報道される、韓国のいわゆる「反日教育」。
その姿は本当なのか。
8月25日放送の第2弾。今回は「中・高」の教科書をもとに検証します。ゲストは、ソウル在住16年の吉方べきさん。
聞き手はジャーナリストの安田浩一さんです。

<出演>
吉方べき(よしかた・べき)
ソウル在住16年の言語心理学者。韓国・漢陽サイバー大学講師。
群馬大学医学部中退。1999年からソウル在住。
ソウル大学で認知・言語心理学を研究しつつ
大学やサムスン電子人材開発院・医療機関などで教鞭を執る。
2005年、朝鮮日報日本語版立ち上げに参画(〜08年)。
翻訳・通訳を通じた日韓の架橋的活動も多い。2児の父。
ツイッター:https://twitter.com/tabisaki/
ブログ:http://tabisaki.tumblr.com/

安田浩一(やすだ・こういち)
ジャーナリスト
1964年静岡県生まれ。週刊誌記者を経て、フリーライターに。
外国人労働者問題などを取材。
代表作、『ネットと愛国』(講談社)では、
2012年度の講談社ノンフィクション賞と
日本ジャーナリスト会議賞をW受賞。
近著に『ヘイトスピーチとネット右翼』(共著・オークラ出版)、
『なぜ、いまヘイト・スピーチなのか』(共著・三一書房 )がある。

※番組最後に、10月26日(日)に行われたシンポジウム、
「性奴隷」とは何か から、
のりこえねっと共同代表の前田朗氏の講演をお届けします。
テーマは「国際法における軍の性奴隷制」です。
contents-tree-icon-originalコンテンツツリーを見る