-

  • 30,673
  • 26,912
コメント

進撃のトマト/映画「アタック・オブ・ザ・キラートマト」(字幕)無料上映【人類vsトマト】

公式
(1時間31分)


ただいまニコニコ生放送では映画「レッド・ドーン」のBD/DVD発売を記念し
「進撃の映画特集」として毎日、敵が攻めてくる映画を上映中。
今夜は、進撃のトマト映画です。
『アタック・オブ・ザ・キラートマト』をお届けします。



カルト映画ファンの中でも、伝説の一本との呼び声が高い本作は
ティム・バートン監督『マーズ・アタック!』の元ネタにもなりました。

さあ、みなさんも今夜は赤いコメントを画面に投げつけましょう!

【弾幕用コメント】コピーペーストしてお楽しみください。
●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~
●==●==●==●==●==●==●==●==
○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
トマトトマトトマトトマトトマトトマトトマトトマト
真っ赤な誓いぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ

※映画視聴の邪魔にならないよう、ご使用は計画的に。

初めてニコニコ生放送をご利用になる方へ
ニコニコ生放送のご視聴には会員登録(無料)が必要になります。
初めての方は「アカウント新規登録」をクリックし、
会員登録の手続きをお願い致します。

本放送はプレミアム高画質でお送りします。プレミアム会員になると
回線混雑時に優先視聴高画質映像でお楽しみいただけるようになります。

ニコニコ生放送の詳細な説明は以下の「ニコニコ生放送とは」をご覧下さい。
http://live.nicovideo.jp/s/niconamaguide


作品情報
<br
ある日突如として全米に殺人トマトが現れ、次々と人間を襲い始めた。
犠牲者が続出し、この事態を深刻とみた軍は会議を開き、
対トマト用に開発したアンドロイドのテストを行うがあっけなく失敗。
今度は対トマト要員のスペシャリストたちを召集し、
トマトたちと戦わせるが全く歯が立たない。
日に日に増え続けるトマトたちは巨大化し、
ついには軍対巨大殺人トマトたちの全面戦争が勃発、
街は大パニックに陥る。  


【スタッフ】
監督:ジョン・デベロ
製作:スティーブ・ピース、ジョン・デベロ
脚本:コスタ・ディロン、スティーブ・ピース、ジョン・デベロ

(c)1978 Killer Tomato Entertainment.

レッドな新作映画も上映します】


人類vsコンピュータ 電王戦第一局】

どーんどん敵が攻めてくる!進撃の映画特集

映画「レッド・ドーン」の発売を記念して、
ニコニコ生放送では3月12日(火)から毎日ミリタリー映画を放送!!


映画「レッド・ドーン」作品情報

◆オフィシャルサイト:http://reddawn-film.com/

愛する人を守る覚悟はあるか

【イントロダクション】
アメリカ、ワシントン州のとある町。普段通りの朝をむかえるはずだった住民達は、
突如外国のパラシュート部隊が空から降ってくるという非現実的な光景を目の当たりにする。
戦闘機が空を覆い、装甲車が道を塞ぐ。突然の出来事に成す術もなく、
ほどなくして町は敵の手に落ちてしまう。
抵抗する人々は殺され、それ以外は捕虜として収容されていく。
そんな中、敵の手から逃れた若者たちがいた。次第に状況を把握していく彼らが見たものは、
アメリカ全土が北朝鮮に占領されたというショッキングな現実だった。
まだ若い彼らは戸惑いながらも、森に身を隠し、訓練を積み、敵を偵察し、
団結し立ち上がる決意をする。
自らを“ウルヴァリンズ”と名乗り、愛する家族や恋人、友人を守る為、
そして祖国と自由を取り戻す為にレジスタンスとして反撃を開始するのだが―。

【キャスト】
クリス・ヘムズワース『アベンジャーズ』『マイティ・ソー』
ジョシュ・ペック『ATM』
ジョシュ・ハッチャーソン『ハンガー・ゲーム』

【スタッフ】
監督:ダン・ブラッドリー『ボーン・アイデンティティー』シリーズ、『スパイダーマン3』(スタント・コーディネーター)


(C) 2012 UNITED ARTISTS PRODUCTION FINANCE LLC. ALL RIGHTS RESERVED. RED DAWN IS A TRADEMARK OF METROGOLDWYN-MAYER STUDIOS INC.AND USED WITH PERMISSION.ALL RIGHTS RESERVED.




■この番組は海外からの視聴はできません
■This program is not available outside of Japan.
■此節目僅限日本國内收看

⇒ニコニコ生放送で無料視聴できる映画ドラマ一覧はこちら

「進撃の映画」特集生放送一覧
</br